錦織圭、全米OP、マリー破り4強入り!激闘とアツい言葉

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

マリー破り、4強入り!

全米オープンの男子シングルス準々決勝、錦織圭はアンディー・マリーを破り、2年ぶりの4強入りを決めた。

錦織圭はATP世界ランキング(シングルス/男子)7位。

対するアンディー・マリーは2位。
ロンドン五輪、リオ五輪とシングルス初のオリンピック連覇を達成し、4大大会では3度の優勝経験がある。しかも、今年はウィンブルドンで優勝し、リオ五輪でも金メダルと、完全に波に乗っていた。

2週間ほど前、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した錦織圭は、表彰台の頂点に立ったマリーに対して、こう語った。

「勝つには相当遠いな」

スポーツキャスターの松岡修造も「圭は(マリーを)心の中で遠くに見えていたはず……」と語るくらいの存在だった。

そのアンディー・マリーに対しての戦いだった。

戦い……

戦いは観ている方が苦しくなる。そう思ってしまうほどの戦いだった。

第1セットはマリーが先取

序盤はマリーが強力なサーブを武器に圧倒し、錦織はなすすべもないように、第1セットは1−6。マリーが先取した。この流れのままに試合が進みそうだった。

しかし、第2セット以降…

しかし、第2セット。途中、雨が降り出し試合が中断。屋根が閉められることになった。その再開後、マリーのサーブが狂い始めた。結果、錦織がセットを取り返した。

6−4。

そこからは完全なシーソーゲームだった。

第3セットは4−6でマリー。

第4セットは6−1で錦織。

あまりのシーソーゲームのせいか、松岡修造は「最後まで試合を見られない。結果だけ教えてほしい」と語ったくらいだった。

……そして、勝負は第5セットで決まることになる。

このセットもギリギリの勝負で、結果は……

7ー5で錦織。

この瞬間、「勝つには相当遠いな」と語っていたマリーに対して、錦織は勝利し、準優勝した14年以来、2年ぶりの4強入りを決めた。

試合後の言葉

錦織は試合後にこう語った。

「ワクワクしすぎて、冷静さを保つのが大変だった。アップダウンはありましたが、最後に勝てて良かったです。最後まで諦めずにやれた。出だしが悪かったが、落ち着いて2、3セット目はいけた。長めのラリーを我慢できた」

「長い試合だった。最後のゲームまで危なかった。第4と第5セットは感覚がよく、自分から打って行けた。長いラリーも耐えて頑張ってプレーするよう心がけた。アップダウンはあったが、最後に勝ててよかった」

一方の敗れたマリーは……。

「自分に流れがある時にサービスゲームを落としてしまった。(第2セット途中に)屋根が閉じてからサーブが狂った。落胆はしていないし、できるだけのことはやった」

試合直後、松岡修造は敗者マリーに対し、こう語っていた。

「最後までこんなテニスをしてくれたマレー(マリー)に感謝したい」

錦織圭は「勝つには相当遠いな」と感じていた相手に最後まで諦めずに打ち勝ったのだ。

錦織の勝利は全世界に衝撃を与えている

この勝利は世界中で大きな話題になっていて、『USAトゥデー』では、「マレー(マリー)にとってはショッキングで落胆すべき敗北。フラッシング・メドウズ(開催場所)で(世界ランク1位のノバク・)ジョコビッチを破る本命とされていた」と伝え……。

また、全米オープンテニス公式サイトでは次の見出しで特集した。

「オー、ケイ! ニシコリは5セットの名勝負でマレー相手に大番狂わせ」

「第6シードのケイ・ニシコリは水曜日の準々決勝で第2シードのアンディー・マレーを大番狂わせで下し、2016年最大の勝利を挙げた」

nishikori-us-1

こちらもオススメの人気記事!!

錦織圭:モチベーションの上がる言葉74選

錦織圭:モチベーションの上がる言葉74選
錦織圭のモチベーションの上がる言葉を紹介します。錦織選手は「精神的なものがいちばん大きいと思います」などと発言しているように、とてもマインド面を重視している...

錦織圭のマインドになる設計図:自分編

錦織圭のマインドになる設計図:自分編
錦織圭。プロテニス選手根県松江市出身の男子プロテニス選手。日清食品所属。身長178cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。 ATP世界ランキング自...

錦織圭のマインドになる設計図:他人編

錦織圭のマインドになる設計図:他人編
錦織圭。プロテニス選手根県松江市出身の男子プロテニス選手。日清食品所属。身長178cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。 ATP世界ランキング自...