ツール・ド・フランス衝撃!優勝候補が自転車ナシで走る!

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

前代未聞

ツール・ド・フランスで「前代未聞」のことが発生した。

2016年7月14日に開催されたツール・ド・フランス第12ステージ。

超山岳モンバントゥの頂上ゴールに向かう、優勝候補クリス・フルーム(昨年総合優勝)にそれは起きた。

ゴール前残り2キロのところ。観客はフルームら3名の選手を取り囲んでいた。改めて、思うけど、どう考えても走れるわけがない。

わかりづらいけど、写真左下にいる3人が選手(そして、その前をカメラなどを積んだバイクが走っている)。

chrisf2

落車が起きる!

その時、先頭を走っていたリッチー・ポートが、(観客と接触して)急停止したテレビカメラを搭載したモーターバイクと衝突。

これにフルームなども突っ込み、3人とも落車

フルーム以外は何とか走りだしたが、フルームはバイクが破損していた。

ゴールまで走りだす

フツウなら、チームカーが自転車を持ってくるのを待つところ。なんとゴールに向かって、フルームが走りだした。

chrisf1-1

その時の動画が次のものだ。こんなことはまず起きない。

その後、チームカーが到着し、チームが用意した代車(自転車)で何とかゴールしたが、これにより、1分40秒ほどの遅れとなった。これについては救済措置がとられ、その遅れはなかったことになったのだが……。

ただ、あの状況でチームカーを待つことなく。

やれることを最大限やる。

自転車がないなら「走る」。

その勝利にかける精神力は並大抵ではない。

さすが、ロードレースの頂点にいる男。見ているだけで、こちらもモチベーションが高まってくる。

こちらのマンガみたいなフルームなども必見です。

必見!まるで『弱虫ペダル』!フルームの圧巻のダウンヒル!
ツール・ド・フランスの奇跡自転車ロードレースの世界最高峰ツール・ド・フランス2016。第8ステージのこと。このステージは今大会初の超級山岳が登場し、4つの山が待...
フルーム、ツール・ド・フランスの常識を超えた異次元の走り
ツール・ド・フランス第11ステージツール・ド・フランス第11ステージ(2016年7月13日)。第11ステージは、ピレネーを抜け出し、アルプスへたどりつく間の平坦な移動ステ...
ツール・ド・フランス優勝者フルームの「伝説の始まり」
3年前、僕はパリにいた3年前の今日、僕はフランス、パリにいた。世界的なロードレース(自転車)、ツール・ド・フランスを観に行っていた。そして、クリス・フルーム...