必見!まるで『弱虫ペダル』!フルームの圧巻のダウンヒル!

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

ツール・ド・フランスの奇跡

自転車ロードレースの世界最高峰ツール・ド・フランス2016。

第8ステージのこと。

このステージは今大会初の超級山岳が登場し、4つの山が待ち構える難易度の高いコース。

tourdeF8-1

選手たちは
4つの山を超える…

選手たちは1つ目の超級峠を超え。

2つ目の2級山岳を超え、3つ目の1級山岳を超えた。

そして、舞台は最後の山、1級コル・ド・ペイルスルドに移り、選手たちはひたすらに登っていく。そして、山頂付近に近づいてきた。

ここまで4つの山が続いた苦しいステージ。

通常なら、(最後の1級山岳の)山頂を登り切ったところで、一流選手でさえ、給水などで一息つくのがフツウだった。ところが、その皆が一息つくところで……。

フルーム
圧巻のダウンヒル

山頂を登り切る直前!

突然、優勝候補クリス・フルーム(昨年総合優勝)が加速。

山頂を一番で通過し、一呼吸も置かず、後ろを振り向くさえなく、そのままダウンヒルに突入した。

しかも、そのフォームが異常だった。

トップチューブ(通常座るサドルではなく、その前の棒のようなトコロ)に腰をおろし、空気抵抗を最大限減らし。さらに、その状況でペダリング(漕ぐ)。

最高時速90キロ近いスピードで下っていく状況でペダリングって、まさに命知らずのダウンヒルだ。

froome-1

froome2-1

froome3-1

froome4-1

(知らない人にはわからないだろうけど……)
まるで『弱虫ペダル』の御堂筋(かなり個性的な登場人物)。

そう。この表紙の彼だ。

ただ、御堂筋のような気持ち悪さはあるのだけど、それがカッコいい。明らかにマンガの世界だった。

昨年の覇者でもあるクリス・フルームの、圧巻のダウンヒル。このダウンヒルによって、第8ステージ、フルームは見事優勝、総合でもトップに立った。

froome5-1

自転車好きはもちろん、自転車に興味がなくても、この圧巻のダウンヒルは見てほしい。ひと目見るだけで、燃えると思う。

ぜひ、動画で見てほしい。

こちらの異次元の走りも必見です。

フルーム、ツール・ド・フランスの常識を超えた異次元の走り
ツール・ド・フランス第11ステージツール・ド・フランス第11ステージ(2016年7月13日)。第11ステージは、ピレネーを抜け出し、アルプスへたどりつく間の平坦な移動ステ...