浅田真央のマインドになる設計図:自分編

シェアする

浅田真央。フィギュアスケート選手

日本のフィギュアスケート選手。 2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。2014年ソチオリンピック日本代表。2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。グランプリファイナル優勝4回と輝かしい成績を残す。

『MOTIV』では、浅田選手の言葉を点と点をつなぐようにし、浅田真央の「マインド」が学べる「設計図」を全12回にわたり、紹介していきます。今回はその第1回、「自分」編です。

参考にした記事はこの人気記事

浅田真央:モチベーションの上がる名言109選
浅田真央のモチベーションの上がる名言を紹介します。浅田選手は2010年バンクーバー五輪銀メダルを獲得し、女子フィギュアスケートを牽引した選手。2008年、2010年、201...

sponsored link
レクタングル(大)広告

自分からは
逃げられない

浅田真央はこう語る……

「やるしかない、練習するしかないんです。“浅田真央” から逃げることはできないので」

浅田真央の言葉「“浅田真央”からは逃げられない」。
この“浅田真央”の箇所をあなたの名前に変える。

で、考えてみてください。自分からは決して逃げられない、ことを。

浅田真央のように、あなたには「練習」などはないかもしれない。

でも、自分が「何か」を実現させたり、少しでも前進するにはやるしかないんです。

特に現状の自分が納得いかないものだとしたら、なおさらそう。少しでも前進させることです。自分からは逃げられないのだから。


  • 質問:自分からは逃げられないことを意識していますか?
  • 質問:そのために何に取り組んでいますか?

昨日の自分は
今の自分を裏切らない

浅田真央はこう語る……

昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない

「努力しても意味がない」「努力してもうまくいかない人がいる」などと努力の意味を認めず、諦めてしまう人がいます。

でも、浅田真央のいうとおり、大抵は昨日の自分のとおりに、今の自分になっています。

今日の自分(あなた)は、昨日の自分と同じようではないですか?

同じような考え方をし、同じような行動をする。生活だって、ほぼ変わらない。昨日の自分と比べ、いきなり成長した、なんてことはない。

もし、昨日の自分が納得いかないのであれば、それは今も、そして未来もそれが続いてしまう可能性があるのです。

だからこそ、昨日の自分を素晴らしいものにする。自分を高める、成長する。いずれにしても「変わる」と決意することです。そうして、昨日の自分が変われば、今、そして未来の自分が大きく変わってきます。


  • 質問:昨日の自分は、今の自分を裏切らないことを意識していますか?
  • 質問:昨日の自分を変えようと決意し、努力していますか?

自分が本当に
やりたいことをやる

浅田真央はこう語る……

「真央は、自分が納得できること以外しない。ちっちゃい時からずっとそうだった。スケートが大好きだから今もすごく幸せだし、恵まれているなあって思ってる」

「そうですね、できるって思ってやってあの、これが自分がやろうと思ってた構成なので良かったです」

自分を変える、といっても、どうしても昨日の自分に引っ張られることがある。これまでの自分のとおりに、延々と過ごすわけです。

そのためにも、自分が本当にやりたいことをすることです。

自分がやりたくもないことでは、とても弱い力でしかない。それでは、これまでの自分から大きく変わることはできない。

そうではなく、自分が本当にやりたいことに取り組むわけです。本気でやりたいことであれば、その情熱が、力強く、あなたを助けてくれます。


  • 質問:自分が本当にやりたいことに取り組んでいますか?

自分のことに
集中する

浅田真央はこう語る……

「今日の朝の練習もそこまで良くなかったので、とりあえず自分のことに集中して自分がやりたい演技をしようと思いました」

「誰かに勝ちたいという気持ちはなかった。フィギュアスケートは、リンクに出たら自分一人。だから自分との闘いなんです」

生活していれば、どこにいても、自分以外の誰かが目に入ってきます。そして、他人を見て、羨んだり、非難したくなることもあるかもしれない。
でも、あなたがすべきことは、他の人や他のことに必要以上に意識することではなく、自分を前進させるように、自分に集中することです。

浅田真央は「リンクに出たら自分一人」と語っていますが、あなたの人生も同じです。

24時間、あなたと一緒にいて、常にあなたから離れないのは「あなた(自分)」一人です。その自分を前進させ、成長させるのは、他人に集中することではなく、自分に集中することなのです。


  • 質問:あなたは自分に集中していますか?

弱さも含めて
自分

浅田真央はこう語る……

「真央、本当はそんなに強くないよ。みんなが思っているようにはね」

浅田真央が語る「そんなに強くない」というような部分は誰にでもあります。強がっていても、弱さはあるし、その弱さも含めて、自分なんです。それを受け入れることです。

あなたはあなたから逃げることはできない。

だからこそ、弱さを受け入れ、自分のことに集中して、前進するわけです。


  • 質問:自分の弱さを受け入れた上で前進していますか?

まとめ

  1. 自分からは逃げられない。
  2. 昨日の自分は今の自分を裏切らない。
  3. 自分が本当にやりたいことをやる
  4. 自分のことに集中する
  5. 弱さも含めて自分

以上が『浅田真央のマインドになる設計図』の「自分編
全12回のシリーズの第1回です。

参考にしているのは次の記事です。こちらもチェックしてみてください。

浅田真央:モチベーションの上がる名言109選
浅田真央のモチベーションの上がる名言を紹介します。浅田選手は2010年バンクーバー五輪銀メダルを獲得し、女子フィギュアスケートを牽引した選手。2008年、2010年、201...


「浅田真央」の次のページがみんなに読まれてます!

「フィギュアスケート」のページも読まれてます!