日本シリーズ、広島黒田博樹から日ハム大谷翔平へのラブレター

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

日ハム、10年ぶり日本一

日本シリーズ、第6戦。

日本ハムは広島に10ー4で勝利した。序盤、日ハムは2連敗。その状況から4連勝をあげ、10年ぶり日本一を達成した。

第6戦の点差は10ー4と大きいものがあったが、どちらのチームが勝ってもおかしくない素晴らしい勝負だった。

今回の日本シリーズ。日ハムと広島の名勝負はもちろん、その勝負の中にいくつもの名勝負があった。

「今季限りで現役引退する」と表明した広島黒田博樹と日ハム大谷翔平の勝負も、まさにその1つだった。

2人の想い

黒田の想い

黒田にとって、日本一をかけた日本シリーズは悲願のものだった。

日本人メジャーリーガー初となる5年連続2桁勝利をあげた当時。ヤンキースは再契約を強く望み、パドレスなどは1800万ドル(約21億6000万円)を提示したといわれていた。

だが、広島と合意。年俸4億円プラス出来高払いの1年契約。広島にとって球団史上最高条件だが、パドレスの5分の1ほどの条件だった。それでも黒田は広島に決めた。

「悩みぬいた末、野球人生の最後の決断として、プロ野球人生をスタートさせたカープで、もう一度プレーさせていただくことを決めました。今後も、また日々新たなチャレンジをしていきたいと思います」

引退。そして、これだけの想い。チームはもちろん、ファンも願う、「日本一」への想いは相当なものだったはずだ。

大谷の想い

大谷にとっても黒田に対して「特別な想い」があった。

メジャーで2桁勝利を上げ続けた黒田。

その存在は高校時代から大リーグを目標とする大谷翔平にとってはまさに「憧れの存在」だった。

投球術の細部を語った黒田の著書『クオリティピッチング』は愛読書の一つでもあったし、「黒田さんが投げていると聞けば、(テレビの)チャンネルを合わせたくなる」と語っていたくらいだ。

自身が目指すメジャーで活躍した選手、黒田との対決はとても大切なものだった。

2人の対決

2人の対決は10月25日。日本シリーズ第3戦だった。

試合前、黒田は大谷について、こう語った。

日本プロ野球の中でも特別な存在しっかりとしたピッチングがしたい。楽しみという気持ちはない」

大谷は試合前の気持ちについて、こう語っていた。

「(日本シリーズ第1戦は)僕のふがいない投球で負けた。取られた分の倍くらいを取り返す気持ちだった」

黒田がマウンドに立つ

そして、今季限りでの現役引退を表明した広島・黒田博樹がついにマウンドに立ち、大谷と3度の勝負をした。

初回は初球のツーシームを叩き、左翼線二塁打

4回は内角のカットボールを強振し、右中間へ2打席連続の二塁打を放ち、6回、3度目の対決はフォークで左飛に打ち取られた。

黒田はここで両足の張りを訴え、大谷との対決を最後にマウンドを降りた

黒田は「投げる」のもきつい状況だった。だが、両足の張りがあったなど微塵も感じさせる様子はなかった。

それについて、大谷はこう語った。

それまで全くそういうそぶりを一切見せなかったのは凄い」

3打席。計8球

2人の勝負は3打席。

黒田はマウンドから、大谷に最高の投球術を伝えるように投げていた。

3打席。計8球

その8球について大谷は語る。

ほぼ全球種、打席で見られた。間合いだったり、ボールの軌道だったり。勉強になりました……(それらは)今後必要な球種。(自分のイメージに)軌道があるのとないのでは違う」

2人の戦いの後、日ハムは日本シリーズで初勝利を上げ、そこから連勝し……第6戦でついに10年ぶり日本1となる。

日本シリーズが終わった後、大谷翔平は黒田について語った。

日本シリーズでの黒田さんとの対戦は、貴重な経験になりました。小さいころからずっと見ていた投手なので、目の前で投げている姿を見るのは何か変な感じはしました。自分にとっては『テレビの中のプロ野球選手』。実際に対戦するという実感があまりなかったような感じでした。ただ、そういう意味では今後に生きてくるのではないかと思います。日本シリーズという大舞台で、日米の球史に名を残した大投手との対戦。これを経験するのとしないのとでは全然違うでしょうし、これから生かせるところがあれば生かしていきたいです」

黒田は大谷翔平について、こう語った。

次元が違うというか。投球も見ましたし、打者も対戦した中ですべてが一流だなと。(二刀流は)あり得ないことだと思っていたので、ちょっと自分の中ではショッキングだったというか、すごいなとあらためて感じた。

(投手としても打者としても)ああいう選手はなかなか出会うことがないので、アスリートとしての次元が違うなと感じました。スイングスピードが速い選手はたくさんいると思いますけど、技術的にもまだまだ伸びる余地がある」

そして、「最後に対決した打者」が大谷だったことについて、黒田は述べた。

「一アスリートとして違うレベルの選手だと思うので、あれだけの選手が今後どういうプレーヤーになっていくのか一ファンとして楽しみにしたい

一ファン」という言葉がとても印象的だった。

黒田と大谷。

2人の勝負はまるで、戦いというより、ラブレターのようだった。

最後にもう1つ…

大谷翔平の次の記事もオススメです。

大谷翔平の日本最速165キロ!その実現を支える「4つの行動」

大谷翔平の日本最速165キロ!その実現を支える「4つの行動」
大谷翔平、史上最速165キロ10月16日のクライマックスシリーズ第5戦。大谷翔平が9回のマウンドでプロ野球史上最速の165キロを記録した。今季、大谷はソフトバン...

大谷翔平、日本記録165キロを生む「限界を超える5つの思考」

大谷翔平、日本記録165キロを生む「限界を超える5つの思考」
大谷翔平が凄まじかった…10月16日、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦。北海道日本ハムファイターズが福岡ソフトバンクホークスを逆転...

大谷翔平:モチベーションの上がる言葉90選

大谷翔平:モチベーションの上がる名言90選
大谷翔平のモチベーションの上がる名言を紹介します。大谷選手の言葉には飾ったところがなく、控え目。でも核は強固で、力強く、目にすると、かなりモチベーションが高...

大谷翔平のマインドになる設計図:自分編

大谷翔平のマインドになる設計図:自分編
大谷翔平。野球選手北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手。右投左打。 プロ野球では非常に珍しい投手と打者の「二刀流」選手として注目される。球速162km/...

大谷翔平のマインドになる設計図:他人編

大谷翔平のマインドになる設計図:他人編
大谷翔平。野球選手北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手。右投左打。 プロ野球では非常に珍しい投手と打者の「二刀流」選手として注目される。球速162km/...