フルーム、ツール・ド・フランスの常識を超えた異次元の走り

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

ツール・ド・フランス第11ステージ

ツール・ド・フランス第11ステージ(2016年7月13日)。

第11ステージは、ピレネーを抜け出し、アルプスへたどりつく間の平坦な移動ステージだ。

tourdef11-1

通常、
優勝候補は勝負しない

平坦ステージなので、通常、優勝候補の選手たちは勝負にでない(優勝候補の勝負は通常、山岳やタイムトライアル)。

このようなステージの場合、平坦が得意なスプリンターたちが勝利を狙いに行く(選手でいえば、サガンなど)。

そのため、優勝候補のフルームについては、ほとんど全ての人が勝負するとは思っていなかったはずだ。ところが……

フルームは勝負に出た。

1秒でも取りに行く

本来の勝負の「山岳ステージ」では最強のライバル、もう一人の優勝候補キンタナとの勝負になる。

しかも、キンタナの最大の武器はヒルクライム<山岳>だ。

だからだろう。勝てるチャンスがあるところでは1秒でも取りに行く。これまでの常識に囚われず。本来、優勝候補の選手たちが勝負に出ないところで、フルームは勝負に出た。

1秒でも取りに行く。

結果は大成功だった。

優勝ではなく、2位だったが、それでもフルームにとっては成功だった。最強のライバルであり、優勝候補の一人であるキンタナと「」をつけることができたのだから(写真2番目がフルーム)。

tourdeffro-1

フルームはやはり凄い。

最も有利だからといって、満足しない。まるで挑戦者のように、高いリスクをとってでも少しでも「勝ち」を取りに行く。

そのストイックなまでの勝ちにこだわる姿は凄まじい。

最強のライバル、キンタナに対し、勝てるところで、勝つ。それが非常識であっても、だ。

常識に囚われない男の姿は、最強の優勝候補の姿とは思えない、「挑戦者」の姿だった。

こちらのマンガみたいなフルームのダウンヒルも必見です。

必見!まるで『弱虫ペダル』!フルームの圧巻のダウンヒル!
ツール・ド・フランスの奇跡自転車ロードレースの世界最高峰ツール・ド・フランス2016。第8ステージのこと。このステージは今大会初の超級山岳が登場し、4つの山が待...
ツール・ド・フランス衝撃!優勝候補が自転車ナシで走る!
前代未聞ツール・ド・フランスで「前代未聞」のことが発生した。2016年7月14日に開催されたツール・ド・フランス第12ステージ。超山岳モンバントゥの頂上ゴールに向かう...
ツール・ド・フランス優勝者フルームの「伝説の始まり」
3年前、僕はパリにいた3年前の今日、僕はフランス、パリにいた。世界的なロードレース(自転車)、ツール・ド・フランスを観に行っていた。そして、クリス・フルーム...