浅田真央を取材してきた記者たちが見た「浅田真央」の姿とは…

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

本当の浅田真央の姿

2017年4月10日に引退会見を行った浅田真央に対し、長く交流があった記者たちが本当の「浅田真央」について、語りました。

とても心に響くものがあります。

いつも必死だった…

渡辺克樹 東海テレビプロダクションディレクター

「14年間取材してきました。初めて会った時は中学1年生。今もピュアな部分があって、ひとことでいうと可愛らしい人。そして天然。面白い人です。

競技になるとまるで別人。

中学生のころ、僕がリンクのスタッフと談笑していたら、『ちゃんと練習見ないなら帰って』と言われました。

こんな選手はなかなかいない。

いつも必死だから、こちらも真剣でした。

やると決めたらずっとやる

整氷車が出てきても、その横でまだ練習していたこともあった。その日の目標が達成できるまで帰らなかった。

スケートと亡きお母さんと本人が一体化しているように見えます。

お母さんのことを忘れないために、スケートをやっているようなところがありました。自分の中にいる『ママ』と対話しながら競技を続けてきたように思います。

いつもけなげ

なんとか期待に応えないといけないという思いが強い。

『自分のために滑ったらいいんじゃないの』と話したこともありますが、『たくさんの応援に応えたいから』と。

これも『みんなに応援されなくちゃだめなのよ』と言っていたお母さんの影響が強いのだと思います。

過去は振り返らない人です。

『こんなことも言っていたんですよ』と僕が説明すると『へぇ』となる。そんなことよりも次の試合をどうするか。そう考える人です。この考え方はお母さんも一緒でした」

実況中に涙が出たのは初めてでした

鳥海貴樹 NHKアナウンサー


「ソチのフリーの実況中継をしました。

トリプルアクセルを含め6種類の3回転ジャンプ8つに挑戦したのです。

『すべてをやりきったと言ってほしい4分間』、演技前にそう実況しました。

最後のジャンプで『すべて跳んだ』と実況した後は胸にこみ上げるものがあり、コメントができなくなりました。

少しの間の後、『これが浅田……真央です』。

自分で声が震えているのがわかりました。隣にいた八木沼純子さんの目が赤かったのも覚えています。スポーツ実況中に涙が出たのは初めてでした。

この先100年は現れないスケーターなのでは。

あんなにうまくて強くて美しくて、人々の心をつかめて。

アスリートとしての生き方を見せてくれた。

自分自身のアナウンサー人生も豊かにしてくれた真央さん、ありがとう」

※参考:『週刊朝日』2017年4月28日号(詳細は『週間朝日』をご一読ください)

「浅田真央」の次のページがみんなに読まれてます!

「フィギュアスケート」のページも読まれてます!